予約は早めに

掃除用洗剤

最後に、フロアコーティングの施工をハウスクリーニング業者やオフィスクリーニング業者に頼むにあたって気を付けておきたいことをお話ししたいと思います。
一体何を気を付けるべきなのかというと、それは予約のタイミングです。

どういうことかというと、こういった施工は年末年始などのお掃除シーズン、休暇前後に集中する傾向にあるからです。
綺麗な状態で新年を迎えたい、新しい一年を過ごしたい、そう考える人は非常に多く、だからこそ皆同じタイミングで予約を取ろうとすることになります。
しかし、フロアコーティングは種類や広さによってはかなりの時間を要し、一日に下手をすると一件しか予約が取れない、と言ったこともあり得ます。
つまり、人気のシーズンに施工を頼みたいという場合は、かなり早くから予約を取っておく必要があるのです。
もちろんそういったシーズンを外すに越したことはありませんが、何しろ一日に施工できる現場の数が限られているからこそ、いつだって早い者勝ちになってしまいます。
ですからフロアコーティングを行うことを検討しているなら、少し早目に動くことを心がけたいところです。

決められることは

フローリングの掃除

前のページではフロアコーティングの種類について色々お話ししましたが、沢山あればあるほど、何を選べば良いのかよくわからなくなってしまったという人も多いかと思います。
ハウスクリーニング業者やオフィスクリーニング業者はしっかりと相談に乗ってくれ、プロだからこその見解によって適したものをピックアップしてくれます。
しかし、家庭にしろ会社にしろ、必ず予算や外せないポイントというものがあるかと思います。

あまりに選択肢が沢山あると、その中からものを選んでいくのは難しく、また、ある程度どういったものを求めているのか自分たちも理解しておかないことには絞られた選択肢の中から一つ選ぶのも難しいものです。
ですから、業者に相談するその前に、決めれることはしっかり決めておくことをおすすめします。

選べる種類

ビルの掃除

フロアコーティング、と一言に言ってもコーティングには種類があります。
まず一般的なのは比較的安価で挑戦しやすいウレタンコーティングです。
取り立てて強力というわけではなく、持ちは10年弱ですが、一度やってみたい、どんなものか知ってみたい、というのであればウレタンを選んでみると良いでしょう。
反対にもしも少し費用を出してでも強度と長持ちを追求したい、というのであればガラスコーティングを選ぶことをおすすめします。
ガラスコーティングは高度が高く、耐水性、耐久性に優れているので余程荒く踏みしめることがなければ10年以上持つとされています。
また、もしも家庭で子供がいて、フローリングと近い距離で過ごすことがあるというのであれば安全性が高いシリコンコーティングを検討してみましょう。

そして、もしもツヤと耐久性に重きを置きたいというのであれば、UVコーティングがおすすめです。
一番費用は高くつきますが20年以上持つので、塗り直しの頻度を最低限に抑えたいという場合はこちらを考えてみて損はありません。
しかし、フローリングの状態や環境によって適しているフロアコーティングとそうでないものが出てくる可能性もありますから、今一つ決め兼ねる場合はハウスクリーニング業者、もしくはオフィスクリーニング業者に相談しながら一緒に選んでいくのも一つです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031